前へ
次へ

そろばんは勉強の苦しみと楽しさが分かる

勉強をしていて苦しいのはその結果が出ないときでしょう。
いくら勉強しても理解ができず、理解が出来なければテストでも点数が取れません。
この状態を打開するにはさらに勉強をするしかなく、長く苦しまないといけないときもあります。
一方勉強が楽しいのは分かるときで、分かる問題が出ればテストでもいい結果が得られます。
小学校の勉強は比較的優しい内容が多いので、授業を聞いていればそれなりに理解ができるでしょう。
その上でのテストなのであまり勉強に対して苦しいとか楽しいと感じないかもしれません。
でも学年がどんどん上がると内容が難しくなりますし、受験勉強となると苦しいことが続くこともあります。
そろばんを習ういい点として苦しみと楽しさの両方を知ることができることでしょう。
最初の内は正解も得やすく、資格試験の級もどんどん上がって楽しいことばかりです。
でも級が上ると徐々に新たな級に上がれなくなり苦しむときが来ます。
苦しい中でも級に合格すれば楽しくなれ、その他の勉強にもいい影響を与えてくれるでしょう。

Page Top